読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kami_oh_Mika.blog

ミスティはガリバー・トスカーニの嫁。その割には他ジャンルの話題が多いww

ボンバーマンジェッターズ(簡易感想)

その他アニ漫ゲー

ボンバーマンジェッターズ 感想」でググると、頭の方でないものの、ある程度ページを見進めると、Blu-ray購入時か購入前の記事が引っかかって誠に申し訳ない気分になるので、感想を書いてみようかと。…といっても、Blu-rayを観終わったのが結構前で記憶が曖昧な部分があります。

結論から言えば、評判通り出来のいい、隙のない作品でした。私は所謂「隙の多い作品」に思い入れる傾向があるので、そういう形での評価ではないですが、少なくとも他人、特にキッズアニメ属性の方に勧めるには最適のアニメだと思います。作画はかなり安定しますし、声優さんの演技も良いです*1

ネット上ではシロボンの成長についてよく言及されますが、私はそれよりも「小学生くらいの年齢だと思われる子供が重いものを背負った」という状況を丁寧に書ききったのがとても良いと思いました。シロボンは本当、子供なんですよ。本編では成長過程が描かれますが、冒頭から観ていくと序盤は本当所謂クソガキなのよ。そこから成長していく…その成長具合の描写が丁寧なんですが、それでも終盤でシロボンは、なんでも自分が背負うのは嫌だ、のような意味の台詞を言っていたと思うんですよ。記憶が曖昧ですけど、確かシロボンは自分の背負ったものの重さを自覚したことは確かかと。もうあのあたりはスゲェ、と思いました。

Blu-ray特典のCDドラマでシロボンが粗相をしたシーンで思い出したんですが、彼は本当そのくらいの年齢で、よくもまぁ本編であんな重いもん背負ってなんとか壊れずに済んだなぁとしみじみ。

子供であることは、時に本人にとっても残酷なんだと思います。兄を失って、兄を探して。兄は死んでいて、その上のトドメであります…でもその「トドメ」が具体的に何なのか思い出せない*2。とにかく上記のことがインパクトが強かったということで。そのインパクトもあって、Blu-rayはまだ手元にあるので、何年か置いて再視聴だな。

*1:アメリカザリガニには詳しくないんですが、結構良いですね…特にガングを演じている方。こっちは以降も結構活躍してるらしい…そういえば少しだけ観たアニメ版ドリランド二期に出てたな

*2:マイティ絡みなのは確かなんだけど

広告を非表示にする