読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kami_oh_Mika.blog

ミスティはガリバー・トスカーニの嫁。その割には他ジャンルの話題が多いww

覇王大系リューナイト #10 「地下宮殿の闘い 突破口をきり開け!!」

リューナイト二周目感想

世の中悪い人ばっかりじゃないよ、的なお話。
ジェノバと娘(養子?)、そして前回まで出てきた美少女軍団も別に本当に人間として歪んでいたわけではなかったのよね。ジェノバはティアラが割れるあたりで、それまで束縛されていた悪夢から解放される気がしたんだろうな。美少女軍団は捨て駒だったけど、あの姉妹たちの愛情は本物だったわけだ。これもアデューの器の大きさなのかなぁとか。強さを求めなければ基本的に良いやつだし。
で、一方カッツェとはいえばアデューを見捨てようとしたけれども、アデューの諦めずに真剣に戦う気持ちに心打たれ、結局は見捨てることが出来なかった。うん、どんどんデレるといいぞ。ところで彼女のマントって4次元っぽいのですが、傷ついたら機能しなくなるとかありそうで怖い*1

で、姉妹のパフへの「発展途上胸」発言。パフには地味に刺さったようで、「これでも年齢の割には…!」と対抗。自覚しているのがなんか可笑しい。確かにパフのお胸って14歳にしてはボリュームありますね。むしろ姉妹の方が身体の細さに反比例してデカすぎますねw しかも今回、ドワーフの少年が助けてもらう時にパフの胸に飛び込んだような描写があったので「さぞかし柔らかいのだろう」というヨコシマ思考に行ってしまいました、スミマセン。

*1:今回、弓が刺さっていました…

広告を非表示にする

お詫び…

サイト・ブログ管理

同人活動を始めることがしんどい状況が当分続きそうですので、その関係の記事を削除しましたm(_ _)m
詳細はサイトの方に。

広告を非表示にする

覇王大系リューナイト #9 「恐怖のダンジョン リューナイトが動けない!?」

リューナイト二周目感想

イズミの女装は違和感バリバリなのに(当たり前だ)、アデューのそれが違和感なしに描かれている件。しかも若干作中でもそんな認識では有る。男児向けアニメだとたまに主人公や主要キャラが女装するエピソードがあるけれど、そのキャラが不細工若しくはいかつく描かれていない場合は違和感なしに分類される女装になる気もする*1。それはともかく、なかなか似合うので、胸のあたりをどうにかすれば違和感は完全に消える。あの服のブラ部分って、ある程度の胸囲がないと固定されないっぽいからな。紐がない…。パフとカッツェは元々普通に可愛いデザインの女性だし、胸囲もある程度あるので違和感が全くない。なので、変装したアデューと並ぶと女の子二人に見えてもおかしくはない*2

サルトビは女装しなかった…というかむしろ彼に普段着の忍者服以外を着せろっていうのが無理がありそうだ。肌とか絶対晒さないもん。当時BL同人誌で晒されただろ?という下世話なネタは思いつくけど、公式では多分ないと思うんだなぁ。ただ逆に目立つのかもしれない。

レッドがジェノバに裏切られたわけだが、あれだけ助けといて…とレッドに感情移入してしまうなぁ。だからこそ自分の道を選んだレッドとその他美少女戦士軍団の結末の描写が納得いくのだが。アデューはいい奴だ、ちゃんと道を失った人間に道を示してくれる。少しずつ成長しているようだ。しかし美少女戦士軍団で目立ってたのってレッドとピンクだけなのでは…。声かな、やっぱり… レッドは横山智佐、ピンクはかないみか…だったかな*3。ピンクかわいいな~。この先レッドと仲良くしろよなー!

*1:ex.「ヒーローバンク」ナガレ。彼は主人公のライバルで、美少年キャラとして描かれていた筈。本編をそれほど観ていないが、多分間違ってはいない…

*2:普乳2人に挟まれる貧乳1人

*3:レッドのちさたろーは確実だが、ピンクのかないはうろ覚え

広告を非表示にする

兄弟、親子もいいし幼馴染もいい

その他アニ漫ゲー

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

ハガレン原作全巻読破ー!面白かった!集めるぞ!最終回は「このリア充めえええ」とガッツポーズでしたよ。主人公×メインヒロインの公式カップルはやっぱりいいな(*°∀°)=3
そのうちエド×ウィン描く…その前に資料を。完全版、最終巻から買うかもw 人間アルもかわいいしなぁ、迷う。
アニメはそのうち…水島版はDVD映像特典がいいらしいので中古DVDかな。入江版は見放題なら配信にするか。しかしアニメ版が二つ存在するといろいろややこしいのぅ*1

実はガリバー大好きのサイト閲覧者さんがメールしてるとあまりにも好きみたいなので読みたくなったというw 面白かったです、ありがとうございました(*´▽`*)

*1:制作会社自体は同じだし

広告を非表示にする

覇王大系リューナイト #8 「敵は美少女軍団!大河の前で通せんぼ」

リューナイト二周目感想

暫くカッツェはケチンボなキャラで行くんだっけ、現在の状況だと半ば敵対している感じにも思えるw ある意味彼女は人間不信なのかなぁと思えなくもないが、そんな描写はないので兄貴が旅に出て捻くれたか?w

今回から暫く先にかけて美少女戦士が出てくる。時代だよなー。セーラームーン放送時代。まぁ若干ハイティーンを狙った作品なのでお色気強めの服装なのはお約束で。
アデューは最初女の子として見たけど、こう…強かなんだ。リーダーらしいレッドの声が横山さんだからかなぁ*1。あと赤い髪の子がぶりっこなので強かに見えるというか。
サルトビは普通に性別気にせず接してたな。こいつ、恋愛的な意味でも一般的な意味でも朴念仁じゃねーのか。

今回出てきたモンスターの胃液ってどうなってるんだろう。アデュ&サルが暫く入っててもなんとも無かったあたりは物を溶かす液としては即効じゃないのか…現実の胃液について詳しくないんだけど、そんなもんかな*2

*1:自分の場合、ミスティより前にミルクだし。ミスティならアニメよりゲームの方が気が強い性格設定だな

*2:現実の人間が激しく嘔吐すると胃液で喉が痛くなるけど

広告を非表示にする

デコの三日月印の謎(※セラムンのルナよりは先…なのかなぁ。原作あるし…)

新世紀GPXサイバーフォーミュラ

f:id:oimak_aciw:20170114155638j:plain
スタジオライブのニコニコ動画のチャンネルの懸賞でブリード加賀の色紙を貰いましたぜ!
届いた日から次の休みである今日にカインズで額縁を買い、飾る。

ちなみに現時点(TV版視聴途中時点)での加賀さんの印象は「思ったより好き勝手な人だったが、それでもやっぱりハヤトの兄ちゃん」って感じです。
あとハヤトが一部でDQNだと言われていて身構えていたんですが、何らかの力を持っている少年ってあんなもんだと思うので私は好きですよ?

吉松さんありがとうございます…_(:3」∠)_ モザイクの下は本名ですw

広告を非表示にする

覇王大系リューナイト #7 「盗まれたリュー エルフの村の大災難」

リューナイト二周目感想

リュー使いも、ミストロットがなければただの人間または子供…というわけで、結果的にとはいえ、リューを使えなくなるようにする展開はなかなかで。カッツェ本人ならカード自体を持っていることを知っている設定にしてカードだけピンポイントに盗みそうですが、あえて身ぐるみを剥がすことでミストロットを所持していないアデューの弱さを強調する…のだろうか。

カッツェは現時点では味方でもなければ敵でもない、という印象。彼女はこの時点では完全にお金で動くので、それ次第で敵にも味方にもなるというなかなか厄介な存在。ところで彼女のマントは四次元なんでしょうか…みんな気になってるんじゃないかなw これはちょっとしたお遊び的な設定なのかも。

アデューが身ぐるみを剥がされた時に一番最初に気づいたのはサルトビなんですが、彼は忍者という性質上、熟睡できなくて短命なのだろうかという余計なことを考えてみたりして。

パフが苦手なのは爬虫類だけではなくてドラゴンも加わる模様。ようするにそういう形がしたものが駄目っぽい。(伊東岳彦キャラ原案つながりとして)NGラムネでミルクがドラゴン子の母代わりになるという話があったけど、あれはパフではできないんだろうな。

それと、アデューの服の構造。顎の部分が黒い布に覆われているけど、あれは実は胸まであるのね。あれはお洒落としてのアイテムなんだろうか。あれだけ残すと間抜けだよなw

広告を非表示にする

覇王大系リューナイト #6 「アデュー再挑戦!相手は強敵リューチーフ」

リューナイト二周目感想

作画のせいかアデューが悪人面だなぁ。グラチェスの言うことが割と正論なのでアデューが悪人に見えるじゃないですかー!というかサルトビ共々間違ってカナリーを傷つけてしまうからかなぁ。死にかけのカナリーを心配するグラチェスが正義の味方のようでして…。でもビジュアル的にカナリーとの組み合わせが似合うのはどちらかといえばパフかと思う。だって可愛いじゃん(身も蓋もない)。

今回はサルトビの割といい奴っぷりが印象的です。ビシビシ鍛えるぜ!というのは割と彼らしいのですが、それでもアデューに協力するという気持ちはあるようなので心の底では嫌ってないのかも…というのは色眼鏡かねぇ。というよりは、気に入らないやつでは有るけれどなんとなく気になるし、彼に成長して欲しいのかーと。

結果的にサルトビの訓練がグラチェスとの勝負の勝因になるのはお約束ですが、それがサルトビの意図した所でない所がポイント。アデューが初回の勝負を思い出して、作戦を練るのに使うのは主人公の自立への第一歩という感じで良い。

最後にパフがなぜアデューは勝ちたい?と疑問に思うのですが、確かに同感ですなぁ。このあたりはこの先描写されるんだっけな。

広告を非表示にする

覇王大系リューナイト #5 「初めての敗北 森の中のすごい奴!」

リューナイト二周目感想

天狗になっていたアデューの鼻をグラチェスがへし折りました、という話。一番それで愉快になったのはある意味サルトビだろうか。だってしょっちゅう突っかかってくるから。グラチェスは愉快になったわけではなく、アデューのそういう所が鼻について「その根性叩き直してやろうか」的な考えになって半ば親切心で勝負に勝ったという感じなのかなぁと。この話でグラチェスは機転が効く大人の男、対してアデューはストレートすぎる子供…と描かれている印象がある。実際年齢設定においてもそんな感じなんだけど。

グラチェスのカッコよさがよく描かれているのが素晴らしい。主人公のアデューに勝ったライバル、というのは確かなんだけど嫌なやつではない。アデューが天狗になっているので、鼻をへし折るなかなか良い奴…だし。でも仲間になってからの方がいい奴なんだけどね。良き兄ちゃん。そういう意味ではアデューへの態度の変化は良い感じであり。

アデュパフ的には場面を考えず花を摘むパフをツッコむアデューがかわいい。そういえばTV版のパフって天然だよねw あとはパフをだっこするイズミが微笑ましく。巨体だから出来るよねー。

最後にグラチェスに負けて凹むアデュー。そんなに最強になりたいのかとツッコむ。強いだけが良い騎士じゃないんだぞ、アデューよ。まぁそれも発展途上というわけでいいのでしょう。

広告を非表示にする

TV版 仮面ライダー龍騎 49、50話(完)感想+総括

仮面ライダー

50話の最後は、ライダー同士が戦うこともないし、龍騎での定義における仮面ライダーという概念がない平和な世界を蓮が望んで、それが生き残った者の「願い」として叶った…という解釈で良いのだろうか。恋人の恵理を生き返らせたことも含めて恐らくはそうなんだよな。
しかし、主役側が全滅で戦士たちが記憶と引き換えに普通の人間に戻った世界…って1992アニメ版「美少女戦士セーラームーン」を思い出させるな…あれも終盤はかなり鬱展開だったと記憶している。小学校の頃にレンタルで観たきりなので細部は違うだろうけど。

49話の時点で真司を死なせたのは、この作品が真司だけではなく、ライダー全員の話だということを象徴させることなのかなと思ったりする。キャラ付けにしても、蓮も、北岡も、浅倉も、他の戦士たちもかなり濃いキャラ付であったりするので、どのキャラをメインにしても引けをとらない…ということをスタッフの方はやりたかったのかなと邪推。実際、最終回のラストで手塚や東條が再登場した時はテンション上がったもん。こういうキャラの魅力の引き出し方ってすごいよなぁ。

49話は真司が死ぬシーンで泣きかけた。蓮に感情移入してたよ…。本当、真司はアホなりにいい奴なんだよなぁ…だからこう、生きろという蓮に感情移入してしまった。

全体としては、日曜朝に似合わない凄い暗い話なんだけど、真司がほどほどにアホの子なおかげで楽しく観れた。真司はアホの子だけど、ちゃんと問題解決に関して努力する子だから好感が持てるのもいい。そして蓮のつっこみもまたいいんだよね。仮面ライダー同士のバトルロワイヤルという設定は当時BPO辺りに苦情が来たんだろうけど*1、私は結構好き。「正義なんてない、願いだけ」という大久保社長の独白が印象的で、まさしく終盤以前の真司以外は願いを叶えるために戦うんだよなと…しみじみ。

さて、次の仮面ライダーの配信は何だろうか。クウガ、アギト、555、電王、Wが観たいのでその辺が回ってきたら観るかな。カブトの二周目でもいいけど。

仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 3<完>

仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 3<完>

*1:龍騎が自分が観た仮面ライダーで最古なので分からないんだけど、平成ライダーの初期ってこんな感じなのかな…他のも観たいなぁ

広告を非表示にする